どんなニキビか

ニキビといってもこれには様々な種類があります。ざっくりと2つに分ければ思春期ニキビと大人ニキビです。思春期ニキビは成長期のホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌され、それによってアクネ菌というニキビの原因菌が大量に繁殖して起こる対応の皮膚疾患です。これはほとんどの人に起こる現象の1つであり、避けることはできません。早ければ小学校から、遅ければ高校生になってからニキビに悩まされるようになることもあります。
これらの思春期ニキビは脂の過剰分泌が影響していますから、出来る限り洗顔をして殺菌作用のある化粧水を利用することで肌を清潔に保っていれば劇的に改善してくる場合があります。
学生の間は化粧をしていなくても平気ですごせるわけですから、今のうちに肌トラブルをとことんまで解消して徹底的にキレイにして下さい。朝、昼、夜とまるで歯磨きのように洗顔をすることで状態が改善する人もおりますが、逆に肌が弱い人にとっては繰り返し洗顔を行うことはあまり良くありません。自分の肌質にあった形でケアしていけるように対応して下さい。
特に、赤みがでる、または赤みのあるニキビができやすい、慢性化してしまっているというような場合には中々対処しにくい場合があります。思春期ニキビも皮膚科等で対応してくれていますから、どうしても安全に治療したい、確実に今から治療していきたい場合は皮膚科へ相談して下さい。

次に思春期ニキビが出来る頃が終わっているのに出てしまうニキビです。これは大人ニキビといい、様々な原因によって発生してしまうニキビの1つです。食生活の乱れだったり、栄養不足だったり、睡眠不足にストレスというようにどんな原因でも発生してしまうブツブツです。これは慢性化したまま放置しているような人も多いですが、そのままでいれば皮膚がクレーターになってしまったり、シミしわの原因になることだって考えられますから早急に治療することが望まれます。
かかっている人が珍しくない為に麻痺していますが、思春期が過ぎているのにニキビができてしまっていたり、慢性化しているということはおかしいのです。異常事態でアルことをよく把握し、しっかりと状態を改善して下さい。
この場合は洗顔や化粧品の影響だけでなく、良かれと思って利用を続けていた化粧品が原因となっていることもあります。栄養不足の場合はサプリメントで補給したり、脂っぽい食事を控えたりと様々な面で努力を続ける必要があります。

社会人になってからよくあるのが枕や布団や利用しているタオル、ハンカチなどが不潔な場合です。これらが不潔であるが為にいくら洗顔で顔をキレイにしていても、常にスキンケアに注意していても皮膚疾患が治療できないままになっているわけなのです。ニキビがきになっている間は1日に1回、過剰かと思える程にタオルやシーツを取り替えたり、もっと肌触りの優しい商品に取り替えるような努力も必要となっています。